SSブログ

違和感ある天気もチャンスを見て走る [雑談]

もう完全に天気予報が当てになりません。


北関東は不安定な天気で、湿度が高い空気が吹き込んで曇り基調で所々激しく雨が降る・・・だったはずですが、一昨日朝起きてみると、空気は澄んでいて空も高く、雲は覆いながらも明らかに晴れで、気温や湿度も快適で、このチャンスに走らない理由は無いと、何時もの北回りコースを走りました。


しかし、明らかにこの時期の天候では有りません

衛星画像を見ると、日本付近は南北に気流が流れていて、台風崩れの低気圧が停滞していて、大きなオホーツク高気圧に通せんぼをさせられているようにも見えます。

ひまわり.jpg
これは、気象学と言うより自分が走っているときに感じる「空気感」なのですが、常に三種類の季節の空気が、入り乱れて流れ込んできて、ある時は蒸し暑くて翌日は肌寒く成り、その変わり目は強風が吹き荒れると今度はカラッと晴れた天気が来る・・・と言うように、穏やかな季節の移り変わりと言う物は崩壊していて、気候が常に変動しているという様子が、ここ数年続いていて、今年はそれが更に顕著に成っているようです。
と、ここで素人のお天気話など何の根拠があるの?という事に成りますので、ヨットで日本一周をしたこともある気象予報士で、「ウェーザーニュース」の重鎮でもあり、TVの気象予報統括等を務めていた、「笠原久司」氏のツイッターに、詳しく解説されています。
天気予報も、特にTVで奇麗なお嬢さんがキャピキャピしながら原稿通り読まれている、定型化された天気予報の、かなりデフォルメされた内容を鵜呑みにしても、自分がバカを見る・・・場合によっては命のかかわる事もあるので、特に業務やアウトドアなどで天候が活動にリンクしている方々の場合、基本的な気象知識を持ったうえで、自分の目で見て、肌で感じて、正確な情報をもとに、自分で判断する必要はあると思います。
と、くどいお話は此処までで、結局昨日も曇りの予報は大外れで、宇都宮市周辺はまるで夏終わりのような爽やかな朝で、予報ではかなり強い北風が吹く事に成っていましたが、一昨日も同じ同じ予報で完全に外れていましたので、自分の見立てを優先して、久々に筑波山へ出かけました。
LOOKを出すのも久しぶりですね。
RIMG7176.JPG
LOOKには新装備です!
と、最新のサイコンとか高性能のライトとかでなく、今更なのですが、単三電池を使える小型のLEDライトで、キャッツアイのHL-EL145です。
RIMG7177.JPG
これは20年くらい前からあるシリーズの最新式で、自分がクロスバイクを始めた頃はHL120と言う商品でしたが、基本的な筐体は継承しつつLEDやリフレクターなどを改良して続いている商品です。
大体昔はロードバイクなどを始めると、このライトを初めて買うのが定番で、防水性が無いなど多少の欠点はあるにせよ、手ごろな値段で、市街地での通勤や通学の範囲なら十分使える商品です。
こうやってある程度の手ごろな値段を維持しながら販売を続けてくれるキャッツアイの姿勢は素晴らしいです。
で、最新式で「若干」明るくなったこの商品を試したくて購入してみました。
確かに多少明るく成っていて、配光が昔よりスポット方向で、より集光されているようで、流石にロードバイクで30㎞/h近い速度で、街灯も無い山野を走るのには全く使えませんが、シティサイクル程度の速度で住宅街を走るのなら十分使えるでしょう。
RIMG7178.JPG
まあ、自分の場合ナイトライドがなければ、昼間は「ディライト」として点滅で使用しているので、それに「VOLT800」を使って、バッテリーを消耗させることも無いだろうという意図もあります。
流石に点滅モードでもVOLTの方が明るいですが、普段のトレーニングならこれで十分でしょう。
ロングライドイベントなどの場合、慣れないところを走りますし、不意にトンネルなども現れることもあるので、これは迷わず明るVOLTを選びます。
さて、自宅を5:30に出ましたが、先の書いた通りこの季節としては望外の爽やかな気温と湿度で、こういう天気で走らない理由がありませんよね!
RIMG7179.JPG
RIMG7180.JPG
田んぼも稲の緑が鮮やかで、「緑のじゅうたん」に黄金色の朝日が差し込む風景は気持ちが良いですね。
RIMG7181.JPG
RIMG7182.JPG
筑波山も、周囲の風景も含めて本当に緑が濃くなりました。
RIMG7183.JPG
RIMG7184.JPG
RIMG7185.JPG
RIMG7186.JPG
このコースは大体125㎞のコースで、風向きだけは予報通りで(笑)往路は順調に進み、帰路は向かい風に成りますが、夏の向かい風は以外に厳しくなく、当初風速5~7m/sとの予報で覚悟していましたが、其処まででもなく、北東から北北東の風向きだったので、思ったより消耗しないで帰宅出来ました。
まあ本来ならこの時期もっとロングライドをこなしている「はず」ですが、その点を悩んでも仕方が無いので、今は「走れるときに、走れる距離を、走れる強度で、淡々とこなす」ですね。
が!、「こんな時ですが」という注釈が必要な事態に成ってしまいました!!
元首相の白昼堂々の暗殺と言う、まるで映画のような出来事が現実に起きてしまい、いまやTVを付ければ政治家たちは「民主主義に対する挑戦に屈することなく云々」の大連呼となっています。
まあ、いまSNS上で迂闊な事は書けませんが、個人的な意見として、既に多くの人が当たり前にあると信じている民主主義と言う物は、既に瓦解し始めているのではないかと思っています。
それは怠惰な保守系政治家、無責任な革新系政治家、低俗なマスコミ、無知な国民、傲慢な国家指導者、資本至上主義のエコノミスト・・・・誰が悪いのかと言うより何が悪かったんでしょうね。
ハッキリしている事は、「今後何が起きるのか解らない状況が、より激化して進行していく」という事で、この天候の変化程度で音を上げてしまうくらいでは、到底乗り切れない世の中になると考えれば、此処は肝を据えて体調だけでも整えておく必要がありそうですね。
まあ、こんな事しか出来ない自分が歯がゆいですが、これも現実で、この現実と冷静に向き合って、色々と乗り越えていきたいですね。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。