SSブログ

今年の霞ヶ浦エンデューロは雨でDNS [イベント]

4月のケガから長いリハビリを経て、完治はしていないながら、通常生活や自転車に乗る程度なら問題が無い程度に腕の調子は戻ってきました。
負荷を上げた走り方や、山岳練習もほとんどしてはいませんが、平地レベルなら、例年レベルのペースで走れる目算も立ちました。
さあこれでイベントシーズンでガンガン走ろ・・・・・とはならないのが今年の流れです。
自分自身の体調、家族の事、仕事のこと等に加えて、天候もここ数年来の異常気象の例に漏れず、いや、ますますその異常性が強まったようで、「例年通りの季節の進行と天候」などに合わせた自転車イベントを直撃しているようにも感じます。

と長々といつものようなくどい前置きの結論として、今年の「霞ヶ浦エンデユーロ5時間レース」は、雨が主原因でDNSしました。
雨の中を走るのが嫌ということもありますが、整備されて路面の摩擦抵抗も確保されているサーキットのようなところならいざ知らず、一般公道を封鎖したコースの場合、雨が降った時のリスクの高さを考えると、とてもそこで走る「気力が沸かなかった」というのが本音のところです。
ま、いろいろあって、正直自分だけレースで楽しもうという気になれなかったので、こういう時に無理矢理出ても、悪い結果(事故や怪我)に至るだけですので、ここは安全を優先しました。

一緒に出る予定のM島君には悪いことをしたと思っていますが、まあ同級生でお互い50代ともなると、立場もありますし、第一怪我などをすれば回復に時間がかかるようになっているので、特に勝利にこだわらない、順位やタイムなどにこだわらないのであれば無理は禁物とご理解をいただきました。

でも今回は前日宿泊ということでホテルは予約してしまっていたので、霞ヶ浦と太平洋沿岸の間にある「北浦」という湖の湖畔にある、「北浦宝来温泉つるるんの湯宿 北浦湖畔荘」さんに泊まりました。
湖畔にぽつんとある宿で、メタ珪酸含有泉というアルカリ性のお風呂で、烏龍茶のような色の、入浴すると肌が、ややヌルッとすタイプの泉質(冷泉)のお湯で、のんびり使って美味しいものを頂きました。
DSC_0004.JPG

実は生来の生魚嫌いが40代まで続いたので、生まれて初めて食べた「鯉のあらい」「鯉の甘露煮」が美味で、あらいはマグロなどと違ってしっかりとした歯ごたえがあり、一切生臭さや泥臭さがなかったので、自分が聞き及んでいたイメージとは良い方向に裏切られました。

実はここの宿の売りはほかにもあり、目の前に広がる北浦から上がってくる朝日がかなり見ごたえがあるらしく、大きな光源のないこの地域だと、夜間の星もかなり綺麗だそうです。
DSC_0005.JPG

まあ本日はこの天候ですので朝日は望めませんでしたが、また訪れたいと思います。

朝の7時頃は、空に雲の切れ目もあり、一見雨も止んで走れそうな感じでしたが、天気予報や雨雲レーダーを見れば、このあと本格的な降雨があるのは明白で、一応会場に着きましたが、早速DNSの申告をして撤退することにしました。

朝食もまだだったので石岡市街地にある「コメダ」でモーニングです。
DSC_0006.JPG

自分は毎週来ていますが、M島君は初めてとのことでした。
余り込んでいなかったことも有りましたが、結局ここでも色々と話に花が咲いてしまいました(苦笑)

雨も増々ひどくなってきましたし、もう帰るしかないのですが、この近くに「小美玉温泉ことぶきの湯」という温泉があるので、そこで温まってから帰ることにしました。
ここは「茨城空港(百里基地)」と東関東自動車道、茨木空港北ICに向かう途中にある、よくある田舎の日帰り温泉なのですが、ここも先のつるるんの湯と同じメタ珪酸線で、あちらは薄めた烏龍茶ならこちらコーヒーのように色が黒いお湯で、どうやらこちらのほうが成分がかなり濃いようで、入浴するとすぐに肌がヌルヌルしてくるくらいアルカリが強いようでした。

結局なんのことはない、温泉に入って、美味しいものを食べて親友と一日中いろいろな話をしていただけで、今回は自転車の「自」の字もない単なる旅行で終わってしまいましたが、久しぶりにのんびりできました。
当然とった分のカロリーは、完全にオーバーしていますよネ!
nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 8

大型中年

SORANEKOさんへ

降雨確率が70%でも、雨が降らない時間帯を調べまくるのが定常化していましたが、今回は完全に自転車を休みました。天候なのでしょうがないことですが、いまいち「休み方」が気に食わない。
今回は喜々として休んでいます。 膝痛からは卒業したようですが、とにかく、例年とは違う体調なのか「言い訳け」を作って、自分に言い聞かせる作業です。 
ちょっと気合を戻したいところですが、ここは男になって黙って距離を稼ぐだけでしょう。
おそらく性能の良い機材だろうが、なんだろうが、やはり自転車は気持ちの問題で如何にも変わります。来週こそ、晴れを期待しますが・・・あらら、また天気が悪そうです。困ったものです!
by 大型中年 (2017-10-15 14:02) 

やっとこ

どうもです。
残念ですが、さすがは正しい選択。
そうだよな。と、頷きながら思いました。
ましてや、このタイミングですので、
絶対に無理は禁物。
良いコンディションで楽しく走りたいところですね[るんるん]
by やっとこ (2017-10-15 15:36) 

えすぷれそ

天気ばかりはどうしようもないですから・・・
普通に旅行に行ったと思えば、これはこれでいいのかもしれませんね。
by えすぷれそ (2017-10-15 18:41) 

soraneko

大型中年さんへ

恐らく自分の認識が間違っていなければ、大型中年さんの言わんとするところ、気持ちの部分は良く解ります。
体調とか天候とかはあくまで状況であって、「走ろう!」「走りたい!」という部分は気持ちの部分、モチベーションが全てなんだと思います。
今までの記事を見ていただければ判りますが、たとえそれが大雨で有ろうが雪がまじろうが、走るときはどんな目に遭っても嬉々として走っていますよね。
でも「男は黙って」のフレーズを自分も使わさせていただければ、自分も今は色々な懸案をクリアしていかなければならず、モチベーションを維持しなければいけない状態で、我慢のしどころなのだと思いまう。
と、カッコ付けて見ても、やっぱり青い空が恋しいですね。
by soraneko (2017-10-15 19:32) 

soraneko

やっとこさんへ

流石にここで何かあっては立場がありませんし、同じ轍を踏むわけにも行かなかったので、「勇気ある撤退」を選びました。
でも会場で多くの参加者の熱気を受けて、改めて悔しさも溢れてきましたが、現在の今にその熱気が無い、出せない以上、走る意味は無かったのだと思います。
by soraneko (2017-10-15 19:35) 

soraneko

えすぷれそさんへ

何せ先週のこの時間で既に雨予報でしたから、気合もそがれるという物ですよね。
それでも体のコンディションだけは当日の朝にしっかり「戦闘可能状態」に仕上げておきましたが、溢れる力の持っていき場所が有りませんでした。
ある意味本当に普通の「温泉旅行」で、ここ数カ月では一番のんびりと体も心も癒やせましたので、また明日からガンバルしかないですね。
by soraneko (2017-10-15 19:41) 

potere

ゆっくりとした時間の流れの中、親友と宿に泊まって、美味しい魚料理と温泉を楽しめたということは、雨によるDNSも、まんざら悪いことだけでな無かったようですね。若い時と違って、今は男同士の方が圧倒的に楽しくて、旨いものを食べて! 温泉に入って! 語りあって、寝る ・・・ こんな健全なことがすごく楽しい、すごく共感できる日記であり、羨ましく思いました^^
by potere (2017-10-20 17:31) 

soraneko

potereさんへ

我々の年代になると、本当に人それぞれで、昔のまま突っ走る人、立ち止まっている人、次のステージが見えてきている人、見えないでまだもがいている人など様々で、昔の仲間とのんびりとした時間を取って語り合う機会などが限られてきますが、雨のおかげ(口実?)でとても良い時間を過ごすことができました。
by soraneko (2017-10-21 09:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。